W杯アジア最終予選サッカー日本代表対イラク戦(アウェイ)の感想

スポンサーリンク

結果は引き分け

アウェイでの対イラク戦。結果は1ー1の引き分けでした。
アクシデントもありながらベンチワーク含め自分たちで自滅しちゃったかなという印象。
2点目を決めきれないとあんな感じの展開になりやすいですよね。

監督の迷采配?

一番気になったのは監督の采配でしょうね。スタメンの段階から正直驚きました。
真ん中に原口選手、左に久保選手、右に本田選手という配置。意図は何だったんだろう。
あのスタメンならば、酒井宏選手と縦の連携がいい久保選手を右、本田選手を真ん中、原口選手は左で使うべきだったのではと思いました。まあ自分的にはシリア戦で調子の良くなかった久保選手を外して乾選手をスタメンで見たかったですが。リーガエスパニョーラで守備も磨かれているしタフさも身についている乾選手はアウェイの環境にはもってこいだったんじゃないでしょうか。

アクシデントは言い訳にならない

選手交代も疑問が残りました。井手口選手のアクシデントで今野選手との交代はしょうがないです。その後で酒井選手が脚を痛めていたにもかかわらず、先に怪我をしていない原口選手を倉田選手に交代したこと。結果的にプレーできなくなった酒井宏選手を酒井高選手と交代せざるを得なくなり交代枠3枠消費。その後に脚を痛めた久保選手は交代できずに脚を引きずりながらプレーすることになってしまいました。
まあ結果論ですが、酒井宏選手を先に交代し、原口選手にまだ体力的に大丈夫なのか確認を取って、アクシデントや勝負どころに備え終盤まで1枠残しておくべきだったのかなと思いました。今回のような厳しいアウェイの環境の中では特に。
そうでなくても倉田選手ではなく乾選手を入れて、久保選手を右、本田選手を真ん中に配置する交代の方が上手くいくような気もしましたね。妄想ですが…笑。

失点シーンについて

①失点のシーンは吉田選手がクリアするべきところをしなかったこと。②川島選手がボールをしっかりと掴まずにファンブルしたこと。この2つが絡んだものでしたね。プレミアリーグレベルのキーパーではないことを頭に入れておかなかった吉田選手が悪いという面白い意見もありましたが…笑。
失点の原因はこれだけでなく決定力不足やチーム全体の連携の不安定さなど、複合的な要因でそういう流れになったんでしょう。

とはいえ現時点でグループ首位

結果的には最低限の引き分けで勝ち点1はゲットし、現時点でグループB単独首位となっているので全体的には及第点なのかなと思います。
次戦の埼玉スタジアムでのオーストラリア戦で勝てばW杯出場が決まるのでぜひとも今回の反省を活かして頑張ってほしいと思います。自力で勝ち取るチャンスが残っていますからね。
引き分け以下だとちょっとドーハの悲劇やジョホールバルの歓喜の匂いもしてくるので次戦勝って決めましょう!

P.S トレーニング強度の見直しとリカバリーはしっかりとやってほしい

スポンサーリンク