リオ五輪男子サッカー日本対ナイジェリア戦の感想

スポンサーリンク

今日からリオオリンピック開催しますね。

昨日行われた男子サッカー。

ナイジェリア戦。

やはり負けてしまいました。

見てて感じたのは

  • 国際経験の乏しさ
  • リーダーの不在
  • 実戦不足

このあたりでしょうか。

やはり国際レベルを知っているメンバーが極めて少ないのかなと。

世界レベルや南米、アフリカの身体能力って体感しておかないと対応の仕方わかりませんからね。

昨日の試合ではセカンドボールだったりあと一歩の所が甘かった気がします。

急に足が伸びてきたりJリーグでは経験できない部分だったでしょう。

オーバーエイジの三人も国際経験豊富ではないですからね。

 

次にリーダーの不在。

精神的支柱がいない感じがしました。全体的にふわふわしているというか浮き足立っているような。

もっとチームを落ち着かせる存在がほしかったです。

やはり海外主要リーグでプレーしたことがある、中村俊輔選手や槙野智章選手のような存在を一人は入れるのもありだったのかなと思いました。

これも国際経験の乏しさに繋がる部分ですね。

 

最後は実戦不足。

サッカー選手にとって試合勘は重要です。

今回のチームは所属チームで控えの選手が多くいます。

試合全体の流れや、球際の激しさ、ミスした時のモチベーションの維持など実戦の緊張感の中でしか経験できない部分は多いです。

やはり実戦経験の少なさがミスに繋がった部分も多かったように思えます。

 

アジア予選の決勝の浅野選手投入までの試合内容をみてると今回の守備の崩壊は納得できる部分ではありますが、優勝したことによってそれがあまり報道されなかったことでちょっと危険な気もしていました。マスコミ含めしっかり分析できていたのかなと。

 

今回もそうですが、ミスをしなければ勝てた試合などと報道されます。

はたしてそうなんでしょうか。

僕はミスも含めてそのチーム、選手の実力だと思っています。

結局ミスをしてしまうのは高いレベルで発揮できる実力がないからだと。

いま一度自分たちの実力と相手の実力を把握して、試合に対応してほしいと思います。

 

僕はアトランタやシドニーの世代を知っているので、同じように当時ご覧になっていた方は今回のチーム状況に納得していない人が多いでしょう。

勝ちに対する執着心というか自信というか、ギラギラ感が乏しいかなと。

アトランタの時の前園さんや川口さんのような選手を入れたくなりました。笑

まだ2試合残っているので、選手には気持ちを切り替えて頑張ってもらいたいと思います。

負けてもみんな応援してますよーガンバレ日本!

ではまた!

スポンサーリンク