ノーベル医学生理学賞

スポンサーリンク

ノーベル賞の季節がやってきました。

今年も日本人の受賞者が誕生。

その名も東京工業大学栄誉教授の大隈良典さん。

少し研究の内容を見ましたが、なんのこっちゃわからない。

オートファジー?

タンパク質、酵母、分解…

言葉はみなさんも聞いたことあってわかると思いますが、僕の脳みそでは短時間での理解はちょっと無理ですね。

興味のある分野なのでこれからじっくり見てみたいと思います。

それにしても素晴らしいですね。

基礎研究で取ったということが特に。

応用研究の方が目に見えて結果が出るので評価されやすいですし。

iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中教授も以前、基礎研究あっての応用研究だとおっしゃっていましたが、このように基礎研究が評価されて良かったと思います。

大隈さんだけでなく、特に基礎研究されている研究者や若者にとっても勇気づけられる今回の受賞になったのではないでしょうか。

日本には素晴らしい研究者がまだまだたくさんいますね。

これからも日本人受賞者が増えるのかな。

楽しみですね!

ではまた。

スポンサーリンク