アジア最終予選日本代表メンバー発表の感想

スポンサーリンク

アジア最終予選に挑むメンバーが発表されました。

メンバーは以下の通り。

 

GK
西川周作(浦和)
東口順昭(G大阪)
川島永嗣(メス/フランス)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
太田宏介(フィテッセ/オランダ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島)

MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(C大阪)
柏木陽介(浦和)
永木亮太(鹿島)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セビージャ/スペイン)
大島僚太(川崎)

FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
小林 悠(川崎)
宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

 

みなさんの感想はどうでしょうか。

まあ妥当と言えば妥当ですね。

今までこのメンバーで練習してきていることも多いので、大きな入れ替はできないでしょう。

しかし、疑問に思ったのが川島選手の招集です。

なんで海外でもベンチ外の選手を呼ぶんでしょうか。

「応援団」ってなんだろうか。

日韓ワールドカップのゴンさんみたいな感じなのか。

それとは全然違う気がするのでなんか違和感があるかな。

ただフランス語話せてコミュニケーション取れるからのような気がしてならない。

お気に入りかもしれませんね。宇佐美選手も。

将来性のある中村航輔選手とか呼ばないのかなと思いました。

あとはボランチに遠藤、中村憲剛、青山のベテランを入れてもいいのではと思いました。

厳しい対戦相手なのでいざという時のためにベテランの経験が必要なのかなと。

なにが起こるかわからないのでね。

まあ最終的には結果を出せばいいので、今のうちは信じて期待しておきましょう。

勝ち点6取りたいですね。最低でも4は必要かな。

スポンサーリンク