サッカー日本代表のサウジアラビア戦感想

スポンサーリンク

見事2対1で勝利しましたね!

まあ見事というか、最低限の結果は出しました。

技術の高さは半端なかった

やっぱり大迫選手は上手いですね。

ボールが収まるし、身体の使い方が素晴らしかったです。

ドイツに行ってからさらに引き出しが増えたように思えます。

原口選手もしっかり結果を残すあたり流石。

技術もそうなんですけど、ハードーワークしてるのでいいところでボールが回ってくるんでしょうね。

前に攻めて、自陣に戻って奪って、またスルーパスに走るってあのシーンはすごかったです。

画面からも気迫が伝わってきました。

初スタメンの久保選手も悪くなかったと思います。

緊張していたように見受けられましたが、斜めへの飛び出しとかは良かったかなと。

普段より前線の4人にスピード感がありましたね。

オマーン戦に続き、清武選手も伸び伸びプレーできていて良かったです。

でも清武選手が怪我した場合、その代わりになるパスが出せる選手の発掘も必要だと感じました。

ディフェンス陣は最後の失点以外はまずます良かったのではないでしょうか。

あとは本田選手と香川選手について。

本田選手はいいプレーも見受けられましたが、動きがまだまだ本調子ではない感じですね。

運動量も上がってこないので、まずは所属クラブで出れるように状況を改善してほしいかなと思います。

試合後のインタビューも真意はわかりませんが、焦りと苛立ちを感じているんでしょうかね。

プロなのでここからの巻き返しを期待しましょう。

香川選手は自信というか本来の自分を見失っているような気がします。

守備もディレイするだけでボールを奪う気迫が伝わってきませんでした。

フレッシュな選手だったので、守備から仕掛けていっても良かったように思います。

ドイツでの清武選手のように自分中心のチームに移籍するのもありなんじゃないでしょうかね。

まあドルトムントで結果を残せるのが一番ですが。

なにはともあれ、結果を素直に喜びましょう。

スポンサーリンク