サッカー日本代表親善試合オマーン戦の感想

スポンサーリンク

久しぶりの代表ウィーク。

来たるアジア最終予選のサウジアラビア戦に向けての親善試合。

結果は4ー0で日本の勝利。

新メンバーの品定め

オマーンの出来があまり良くなかったので、このレベルだとあまり参考にはなりませんが、勝利で終われたことは良かったのではないでしょうか。

代表常連以外の新しいメンバーもたくさん試すことができましたね。

スタメンでは丸山選手、永木選手、大迫選手、齋藤選手。

交代から久保選手、小林選手、浅野選手。

相手がフレッシュな状態で先発した4人は使えるか使えないかはっきり分かれた感じですね。

特に大迫選手は結果を残したという点で素晴らしい出来だったと思います。

ポストプレーも、うまく飛び出すこともできるし、サイドに流れることもできるので、ワントップなら彼が先発で使われるのは間違いないでしょう。

やっぱり高校時代から見てますが、基本的な技術が素晴らしいですね。

齋藤選手も相手が引いた状態でしたが得意なドリブルが出せていましたね。

ピッチがスリッピーだったのでボールが足元につかない場面も多かったですが、アジアレベルならまずまずできるんじゃないでしょうか。

丸山、永木両選手は緊張していたのか、ミスが目立ちましたね。

パスミスであったり、激しくいけない部分があったのでそこら辺が課題でしょうか。

後半途中から入った久保選手はあまりチャンスに恵まれませんでしたが、才能の片鱗は感じることができました。

スイスでの経験があの落ち着きを生んでるんでしょうね。

小林選手は無難にボランチをこなしていた印象。

前回よりは成長していたように思いました。

サッカーやっていた人ならわかると思いますが、右足でのゴールはミスキックのように見えましたが、結果が全てですから良しとしましょう。

まああれで喜べるメンタルがすごいなと。自分ならミートしなかったゴールは反省材料にしてしまいそうです。

唯一気になったのは浅野選手。

性格の良さが滲み出ているというか、もっと貪欲にゴール狙ってもよかったように思います。

フォワードですし、まずはゴールを狙ってほしいかなと。

ロナウドがチームメートだったら全部パス出しそうな勢いだったので、ちょっと心配ですね。

あと、本田選手も気になりました。

コンディションというかスピードや激しさが前よりなくなっている印象。

もともとテクニックがずば抜けている選手でもないので、年齢とともに厳しくなってきてるのでしょうか。頑張って欲しい。

全体的に、清武選手が抜けたあとの攻撃がいまいちだったので、もう一人中村憲剛選手のようなパサーというか司令塔がほしいかなと思いました。

サウジアラビアは現在グループ首位ですからホームでは勝たないといけないので、ぜひとも勝ち点3をゲットしてもらいたいと思います。

ここで負けたり引き分けだといよいよ厳しくなってきますね。

がんばれニッポン!

スポンサーリンク