マンU対レスター・シティの感想

スポンサーリンク

プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッド対レスター・シティ

久しぶりにライブで見れました。

やはりモウリーニョ監督は調子の悪いルーニーを外してきましたね。

マンUはイブラヒモビッチが下がったスペースを上手く使ってた印象。

ポグバ選手はミドルも打てるので裏へのパスが有効でしたね。

ハマったときの破壊力は凄まじいです。前半に4点も取るとは。

このままルーニーとフェライニ外していくのかな。

レスターは最近失点が多いのでちょっと心配です。

セットプレーが弱いのかな。

結局岡崎選手は出場しませんでしたね。

いや〜FWの駒が多過ぎる。

その中で途中から出場したグレイ選手のミドルは凄かったです。

今季はCLもあるのでしょうがないですが、この前のように出た時に結果がほしい。

次はCLグループリーグのFCポルト戦です。

ヴァーディ選手とマフレズ選手を前半のみで交代させたので温存した模様。

岡崎選手も今回は出番あるかな。

日本人としては出てほしいですね。

やっぱりレスターは守備からのカウンターでリズムを作っていくチームなので、岡崎選手の力は必要だと思います。

個人的にはスピードがあるグレイと岡崎のコンビも見てみたいかも。

試合は日本時間27日27時45分からです。

ではまた。

スポンサーリンク